商品画像
商品画像
商品画像
商品画像
商品画像

達磨正宗の海中熟成酒と蔵内熟成酒の飲み比べギフトセットです。
細やかな海の振動、そして蔵の静謐さ。熟成環境の違いをぜひお楽しみください。

【ギフト】達磨正宗 海中熟成飲み比べセット

ヴィンテージ(醸造)
熟成年数
  • 10000円~50000円未満
  • すべての商品
  • ギフト用商品
  • ノンヴィンテージ
  • 山吹
  • 食中酒(前菜以降)
  • 醸造元:白木恒助商店
  • アルコール度数:15~16%
  • 容量:720ml
通常価格 ¥14,300
通常価格 セール価格 ¥14,300
セール 在庫切れ
税込

【20歳未満の飲酒は法律で禁じられています】

達磨正宗の海中熟成酒と蔵内熟成酒の飲み比べセットです。

2本セットで、双方とも2022年に古酒用に醸造した純米酒です。

海中熟成酒は2022年11月から2023年5月31日まで約6ヶ月間、現在南伊豆の中木沖の水深約15m~20mの海の底で熟成させた日本酒です。
海中に沈めることで、こまやかな海の振動が瓶から伝わり、お酒がまろやかなになると言われています。

もう一方の蔵内熟成では、通常の達磨正宗商品と同じ環境で熟成された日本酒です。

ゆっくりと2つのお酒を飲み比べてみて頂くとその違いを楽しんで貰えると思います。

※評価コメントは「達磨正宗 熟成3年」のものを参考に記載しております。

種別純米
精米歩合70%
使用酵母協会7号
原材料米・米麹
原料米日本晴・五百万石
原料米の生産地岐阜・滋賀
杜氏白木寿
アッサンブラージュ


○ロック
○冷やして(10℃前後)
◎常温
◎ぬる燗(40℃前後)
○上燗(45℃前後)
 熱燗(50℃前後)

香味へのダメージを避けるため、紫外線(日光や蛍光灯など)の当たらず、なるべく振動の及ばない場所での保管をおすすめします。
また、空気との接地面を極力少なくするため、保管の際は「縦置き」をおすすめします。

<お求めになった状態のお酒の味を楽しみたい方>
10度以下の冷蔵庫などでの保管。
<緩やかに熟成しながら楽しみたい方>
10-15℃の温度帯での保管。例えば、ワインセラーをお持ちのかたは、ワインセラ-。ワインセラーをお持ちでない方は、冷蔵庫の野菜室など冷却の穏やかな場所。
<時間とともに変化していく様を楽しみたい方>
常温(※)での保管。お勝手(キッチン・台所)の流しの下など。

※熟と燗における常温の定義は、「外気温を越えない室温(温度帯)」

<お届け日>
ご注文から3営業日以内に出荷致します。

【720ml以下の商品】
<通常配送料(税込)>
一律(沖縄・離島以外):1,350円
沖縄・離島:3,400円

<クール便配送料(税込)>
一律(沖縄・離島以外):2,000円
沖縄・離島:4,000円

【1.8L(一升瓶)の商品】
<通常配送料(税込)>
以下の道府県以外への配送:2,200円

青森県、岩手県、秋田県、滋賀県、京都府、大坂府、兵庫県、奈良県、和歌山県:2,350円

鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県:2,450円

北海道、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県:2,750円

沖縄県:4050円

※720ml(四合瓶)の商品の発送は一回のご購入につき12本までとさせていただきます。
※1.8L(一升瓶)の商品の発送は一回にのご購入につき6本までとさせていただき、クール便での配送は致しません。
※箱付き商品の場合は箱サイズにより本数が異なります。

詳細を表示する

試飲チームの評価

  • 石渡 英和
    (元国税局主任鑑定官)

    (蔵内熟成)
    しょうゆ・みそのようなうまみみを期待させる上立ち。含むとアミノ酸のボリュームが飛び込んでくる。
    濃醇でふくらみあり。旨みの中に米のとけた甘さが主張する。野性的な印象残る。

    (海中熟成)
    カラメル・バニラ、上品な熟成香。やや焦げたニュアンス。
    溶かした砂糖のようなボリュームのある甘味。
    鼻に抜ける香りは複雑で微生物的なニュアンス。蔵内熟成よりも柔らかい香味なのは、海中固有の振動数によるものか。唯一無二の香味を生み出している。

  • 戸田 明子
    (日本酒肉研究所 ITTEKI 所長)

    (蔵内熟成)
    色合いも香りも、べっこうあめのそれを思わせる。
    余韻に甘さが残り、蔵の酒らしい特徴が前向きに感じられる。
    平坦さがあり余韻にもぺったりとしたところが続くが、比較対象としてそこがよい。

    (海中熟成)
    海中熟成により、甘さと苦み、酸に対して立体的なバランスが産まれ、抑揚が付いてリズムが生まれる。
    しっかりとしたバランスを実現。

    富陽感があり、苦いまでいかないレベルのとりかたが秀逸です。
    ポテンシャルを顕在させるためより深み高みを目指すのも良いが、今のバランスの仕上がりも見晴らしがよく捨てがたい。

  • 山内 祐治
    (湯島天神下 すし初 四代目 / 第1回J.S.A. SAKE DIPLOMAコンクール優勝)

    (蔵内熟成)
    甘やかな黄色い栗きんとんの香り。
    甘味がしっかりあるが、酸と苦味が後半をうまく引き締めているので 心地よく飲み進められる。
    若いとは思わないが、もう少し寝かせてみたい気がする。

    (海中熟成)
    海中と蔵内の熟成の違いが面白い。
    まずテクスチャーの滑らかさが出ている。とはいえトロリとした感じにならずサラサラのテクスチャー。どちらかといと蔵内よりも酸と苦みが前に出ている感じはあるが全体のバランスとして完成されている。飲み頃、といえるだろう。

蔵元紹介


白木恒助商店

達磨正宗(白木恒助商店)の創業は天保6年(江戸時代)です。 坂本竜馬や大河ドラマで有名な「篤姫」が生まれた年に創業し、当時から岐阜のこの地で酒造業を営んでいます。1891年の濃尾地震で蔵が倒壊しましたが、七転び八起きの精神で復興、その際「達磨正宗」と銘柄変え、今に至ります。

古酒造りに取り組み始めたのは昭和40年代でした。
大手の安い日本酒が各地に参入してきた頃、差別化を図るために六代目は「古酒で勝負しよう」と考えたことから始まりました。きっかけは、蔵の中でたまたま眠っていた数本の「古酒」といっても、何年も何十年も時間がかかります。
手探りの中で試行錯誤を重ねながら35年超ー「古酒」に社運を全て賭け、懸命の企業努力を続けてまいりました。

お陰様でその取り組みは成功。現在では古酒が主力商品となり、日本を始め海外の方にも飲んでいただけるようになりました。