商品画像
商品画像
商品画像

まず甘い香りと膨らみのある旨みを感じさせ、その後キレ良く締まっていく、奥行きのあるお酒です。

西の関 超辛口1988

ヴィンテージ(醸造) 1988
熟成年数 35年
  • 10年以上(熟成)
  • 1980年代以前
  • 5000円未満
  • すべての商品
  • 山吹
  • 食中酒(前菜以降)
  • 食後酒
  • 醸造元:萱島酒造
  • アルコール度数:17度
  • 容量:500ml
通常価格 ¥4,050
通常価格 セール価格 ¥4,050
セール 在庫切れ
税込

【20歳未満の飲酒は法律で禁じられています】

1988年、すなわち昭和63年に醸されたお酒です。
九州で口にされる日本酒や醤油の大部分が甘口だった時代が長く続きました。そのことを踏まえると、このまろやかなバランスの取れたお酒が「超辛口」と名付けられた背景が浮かび上がってきます。

長期の熟成で、まろやか、かつ旨みを存分に引き出しており、さまざまな食事シーンからお酒単体まで、幅広い楽しみ方ができるお酒となりました。

種別本醸造
精米歩合
使用酵母
原材料米(国産)、米麹(国産米)、醸造アルコール
原料米
原料米の生産地
杜氏
アッサンブラージュ

 ロック
△冷やして(10℃前後)
◎常温
○ぬる燗(40℃前後)
 上燗(45℃前後)
 熱燗(50℃前後)

香味へのダメージを避けるため、紫外線(日光や蛍光灯など)の当たらず、なるべく振動の及ばない場所での保管をおすすめします。
また、空気との接地面を極力少なくするため、保管の際は「縦置き」をおすすめします。

<お求めになった状態のお酒の味を楽しみたい方>
10度以下の冷蔵庫などでの保管。
<緩やかに熟成しながら楽しみたい方>
10-15℃の温度帯での保管。例えば、ワインセラーをお持ちのかたは、ワインセラ-。ワインセラーをお持ちでない方は、冷蔵庫の野菜室など冷却の穏やかな場所。
<時間とともに変化していく様を楽しみたい方>
常温(※)での保管。お勝手(キッチン・台所)の流しの下など。

※熟と燗における常温の定義は、「外気温を越えない室温(温度帯)」

<お届け日>
ご注文から3営業日以内に出荷致します。

【720ml以下の商品】
<通常配送料(税込)>
一律(沖縄・離島以外):1,350円
沖縄・離島:3,400円

<クール便配送料(税込)>
一律(沖縄・離島以外):2,000円
沖縄・離島:4,000円

【1.8L(一升瓶)の商品】
<通常配送料(税込)>
以下の道府県以外への配送:2,200円

青森県、岩手県、秋田県、滋賀県、京都府、大坂府、兵庫県、奈良県、和歌山県:2,350円

鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県:2,450円

北海道、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県:2,750円

沖縄県:4050円

※720ml(四合瓶)の商品の発送は一回のご購入につき12本までとさせていただきます。
※1.8L(一升瓶)の商品の発送は一回にのご購入につき6本までとさせていただき、クール便での配送は致しません。
※箱付き商品の場合は箱サイズにより本数が異なります。

詳細を表示する

試飲チームの評価

  • 上野 伸弘
    (熟と燗 バーマスター / 刻SAKE協会 常任理事)

    穏やかで柔らかいカラメル熟成香、僅かにニッキ。時の経過によって面取りされ、非常にバランスの整った、出しゃばらなさ。飲み続けるにふさわしい熟成具合。
    余韻も強いわけではないが心地よく、綺麗に捌けて行く。

  • 石渡 英和
    (元国税局主任鑑定官)

    きれいな山吹色。上立ちは甘い香り。
    含み香にソトロンの甘さとカラメル香。アタックは強い。
    ややシャープな酸、アルコール感でキレと締まりを感じさせる。

  • 戸田 明子
    (日本酒肉研究所 ITTEKI 所長)

    ゴールドからアンバーの色調。
    少しスモーキーな香りに、杏、いちじくの香り立ち。なめらかに口に入ってきて、甘味が程よく広がり 後半はビターにきゅっと引き締める。
    きのこ、特にポルチーニ茸を使ったお料理と合わせたら面白そう。

  • 山内 祐治
    (湯島天神下 すし初 四代目 / 第1回J.S.A. SAKE DIPLOMAコンクール優勝)

    カラメル感とふくらみ、アルコール感とのバランスもよく「なめらかで香ばしい」を体験できる。時間をかけて味わいたい逸品。

蔵元紹介


萱島酒造

萱島酒造では、お酒の味を形どる五味(甘・酸・辛・苦・渋)が調和した「旨いお酒」を理想とします。 昭和38年からのお酒をすべて蔵に取り置きしている長期熟成の先駆け蔵。その技術によって製品化が行われている。経験に基づいて熟成のお酒をリリースし続けている。