商品画像
商品画像
商品画像

大吟醸の3年以上(2018醸造)低温熟成。綺麗なお酒に複雑さな魅力が加わり、食事との相性も抜群。

古酒大吟醸 天寿 3年以上(2018醸造)

ヴィンテージ(醸造) 2018
熟成年数 3年以上
  • 2010年代以降
  • 3年以上~5年未満(熟成)
  • 5000円~10000円未満
  • 5年以上~10年未満(熟成)
  • すべての商品
  • 薄黄、薄緑
  • 食中酒(前菜以降)
  • 食前酒(食前~前菜)
  • 醸造元:天寿酒造
  • アルコール度数:16%
  • 容量:720ml
通常価格 ¥5,800
通常価格 セール価格 ¥5,800
セール 在庫切れ
税込

【20歳未満の飲酒は法律で禁じられています】

穏やかな吟醸香と熟成香は、徹底した低温管理の賜物。

早くから大吟醸に取り組んできた天寿酒造。その長い知見から熟成により味の幅と深みを付けることが望ましいと考え、冷蔵熟成した「天寿古酒大吟醸」が生まれました。

旨味で食する鍋料理や中華料理と相性抜群です。ぬる目の燗で、また違った魅力が花開きます。

種別大吟醸
精米歩合35%
使用酵母自社保存株
原材料米(国産)、米麹(国産米)、醸造アルコール
原料米山田錦
原料米の生産地兵庫県
杜氏一関陽介
アッサンブラージュ-

ロック
◎冷やして(10℃前後)
◎常温
◎ぬる燗(40℃前後)
上燗(45℃前後)
熱燗(50℃前後)

香味へのダメージを避けるため、紫外線(日光や蛍光灯など)の当たらず、なるべく振動の及ばない場所での保管をおすすめします。
また、空気との接地面を極力少なくするため、保管の際は「縦置き」をおすすめします。

<お求めになった状態のお酒の味を楽しみたい方>
10度以下の冷蔵庫などでの保管。
<緩やかに熟成しながら楽しみたい方>
10-15℃の温度帯での保管。例えば、ワインセラーをお持ちのかたは、ワインセラ-。ワインセラーをお持ちでない方は、冷蔵庫の野菜室など冷却の穏やかな場所。
<時間とともに変化していく様を楽しみたい方>
常温(※)での保管。お勝手(キッチン・台所)の流しの下など。

※熟と燗における常温の定義は、「外気温を越えない室温(温度帯)」

<お届け日>
ご注文から3営業日以内に出荷致します。

【720ml以下の商品】
<通常配送料(税込)>
一律(沖縄・離島以外):1,350円
沖縄・離島:3,400円

<クール便配送料(税込)>
一律(沖縄・離島以外):2,000円
沖縄・離島:4,000円

【1.8L(一升瓶)の商品】
<通常配送料(税込)>
以下の道府県以外への配送:2,200円

青森県、岩手県、秋田県、滋賀県、京都府、大坂府、兵庫県、奈良県、和歌山県:2,350円

鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県:2,450円

北海道、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県:2,750円

沖縄県:4050円

※720ml(四合瓶)の商品の発送は一回のご購入につき12本までとさせていただきます。
※1.8L(一升瓶)の商品の発送は一回にのご購入につき6本までとさせていただき、クール便での配送は致しません。
※箱付き商品の場合は箱サイズにより本数が異なります。

詳細を表示する

試飲チームの評価

  • 上野 伸弘
    (熟と燗 バーマスター / 刻SAKE協会 常任理事)

    (冷や)
    大吟醸ながら熟成期間における香りの落ち着きが旨みを強調させる味わいがある。
    甘み旨味渋みなどの五味がしっかりと感じ取られるが、決して強い印象ではなく優しく口の中で混在するので心地よさを感じ得るお酒。

    (燗)
    上立ちに心地良い吟醸香あり、優しいアプローチで味わいに期待を感じさせる。
    含むと優しく且つ豊かな吟醸香が口中に広がり、程よい旨味と後半の渋味がバランスを整える。吟醸酒をお燗で楽しむには極めて優れた一品である。

  • 石渡 英和
    (元国税局主任鑑定官)

    (冷や)
    華やかな青リンゴのような(カプロン酸エチル由来の)上立ち。丸みのある含み香。味わいはなめらかな甘さに加え、軽い酸とかすかなニガみがあり、まだ若さも感じられる。

    (燗)
    上立ちは華やかできれい、馥郁とした芳香が広がる。
    含み香にやや甘コゲた落ち着いた香りが鼻に抜ける。
    酸で輪郭がはっきりとしており、アルコールのボディ感も感じられる。

  • 戸田 明子
    (日本酒肉研究所 ITTEKI 所長)

    (冷や)
    大吟醸らしい華やかな花のアロマ、特にジャスミンの白い花のような香りが熟成してなお感じられる。とても滑らかな飲み口、線の細いライトな酸味が甘味と調和していて心地よい。
    (燗)
    白い花のような香りはふんわりと残っており、口に含むと白玉や和三盆糖のような繊細な甘さがやさしく広がる。フルーツの酸のような軽快な酸味が全体を引きしめ 優しい燗酒になっている。
    燗酒が苦手な人に試してほしいお酒。

  • 山内 祐治
    (湯島天神下 すし初 四代目 / 第1回J.S.A. SAKE DIPLOMAコンクール優勝)

    (冷や)
    ホイップした生クリームのような落ち着きと膨らみのある香りに、コンポートした黄桃の香りのアクセント。甘味滑らかさのバランスが素晴らしく、フィニッシュに向けて、たおやかさを纏う。
    大吟醸ゆえの軽さも持ち合わせ、それが品の良さを形作る要素となっている。

    (燗)
    常温に比べ、クリームのニュアンスが持ち上がり、口に含んだときのたおやかさと滑らかさが失われずに後半へ向けてやさしいふくらみとして上質なバランスを取っている。
    余韻にも続く、丁寧に立てたホイップクリームのキメの細かさがあり、飲みごろ!

蔵元紹介


天寿酒造

天寿酒造は文政13年(1830年)初代大井永吉が麗峰鳥海山の麓、由利本荘市矢島町に創業し190余年の歴史を誇る蔵です。当主は代々永吉の名を受け継ぎ、現代は七代目が継いでおります。主銘柄「天寿」は百歳までも幸せに生きる事の意味であり、ラベルの文字は2000年もの昔、中国山東省泰山の磨壁に刻まれた金剛経から写したものです。歳月だけが刻むことの出来る風格を酒の味に生かし、また顧客への長寿の願いが込められています。

天寿酒造では全国的にも初期の昭和47年(1972年)に大吟醸を発売開始いたしました。当時はまさに全国新酒鑑評会に出品するための大吟醸造りでしたが、入賞酒の傾向が非常に若い状態のもろみを上槽したタイプの物が取り上げられた為、酒が非常に若く一般飲用には向かないと五代目・六代目が判断し、熟成により味の深みを付けようとの判断で、三年間冷蔵熟成し発売したのが大吟醸初販売の「天寿古酒大吟醸」でした。  天寿酒造の古酒はその後も出品酒の冷蔵貯蔵型を中心とした、熟成による味の幅と深みを目指す淡麗熟成型を中心に進めて参りました。直近の十年程は生酛造りへの挑戦から、生酛純米大吟醸・生酛純米酒の2~3年熟成も取り揃えています。