商品画像
商品画像
商品画像

全量麹米で仕込まれ甘み、旨味の濃醇さを感じられるお酒。

南部美人 all koji 2003

ヴィンテージ(醸造) 2003
熟成年数 20年
  • 10年以上(熟成)
  • 2000年代
  • 5000円~10000円未満
  • すべての商品
  • 山吹
  • 食後酒
  • 醸造元:南部美人
  • アルコール度数:非公開
  • 容量:500ml
通常価格 ¥5,400
通常価格 セール価格 ¥5,400
セール 在庫切れ
税込

【20歳未満の飲酒は法律で禁じられています】

全量を麹米で仕込む、という通常の日本酒とは異なる製法で作られ、麹由来のふくよかな甘味、旨味、上品な酸味が感じられます。
食後酒、デザートのお供に。スパイシーな料理と合わせるのも。

※熟成しているため、オリが発生しております。上澄みだけを楽しんでいただくこともできますが、オリには旨みが凝縮されていますので、混ぜ込んで飲んでいただくとさらにお楽しみいただけます
※瓶での長期保存のために瓶口にカビが付着していることがございますが、蓋の天面についているシリコンにより内容物には影響はございませんので瓶口を綺麗に拭いてからお飲み下さい
(長期熟成させたワインでもカビがまわっていることがありますがコルクによりワイン自体には影響がないのと同様です)

種別全麹
精米歩合65%
使用酵母非公開
原材料米、米麹
原料米トヨニシキ、他
原料米の生産地非公開
杜氏田村誠
アッサンブラージュ

○ロック
○冷やして(10℃前後)
◎常温
○ぬる燗(40℃前後)
 上燗(45℃前後)
 熱燗(50℃前後)

香味へのダメージを避けるため、紫外線(日光や蛍光灯など)の当たらず、なるべく振動の及ばない場所での保管をおすすめします。
また、空気との接地面を極力少なくするため、保管の際は「縦置き」をおすすめします。

<お求めになった状態のお酒の味を楽しみたい方>
10度以下の冷蔵庫などでの保管。
<緩やかに熟成しながら楽しみたい方>
10-15℃の温度帯での保管。例えば、ワインセラーをお持ちのかたは、ワインセラ-。ワインセラーをお持ちでない方は、冷蔵庫の野菜室など冷却の穏やかな場所。
<時間とともに変化していく様を楽しみたい方>
常温(※)での保管。お勝手(キッチン・台所)の流しの下など。

※熟と燗における常温の定義は、「外気温を越えない室温(温度帯)」

<お届け日>
ご注文から3営業日以内に出荷致します。

【720ml以下の商品】
<通常配送料(税込)>
一律(沖縄・離島以外):1,350円
沖縄・離島:3,400円

<クール便配送料(税込)>
一律(沖縄・離島以外):2,000円
沖縄・離島:4,000円

【1.8L(一升瓶)の商品】
<通常配送料(税込)>
以下の道府県以外への配送:2,200円

青森県、岩手県、秋田県、滋賀県、京都府、大坂府、兵庫県、奈良県、和歌山県:2,350円

鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県:2,450円

北海道、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県:2,750円

沖縄県:4050円

※720ml(四合瓶)の商品の発送は一回のご購入につき12本までとさせていただきます。
※1.8L(一升瓶)の商品の発送は一回にのご購入につき6本までとさせていただき、クール便での配送は致しません。
※箱付き商品の場合は箱サイズにより本数が異なります。

詳細を表示する

試飲チームの評価

  • 上野 伸弘
    (熟と燗 バーマスター / 刻SAKE協会 常任理事)

    いい色でキラキラと輝いている。
    香ばしいというのが全面に出てくる香り。全麹造りの特徴的な甘やかな香りもある。

    やさしく口にはいって、じわじわと口の中に旨味が広がっていく。
    甘み、渋み、旨みがあり、酸味は強くないがまとまりがよい。単体で楽しめるお酒である。

    余韻もあって心地よい。食後にデザートグラスでゆっくりと楽しみたい。

蔵元紹介


南部美人

創業は明治35年(1902年)ですが、「南部美人」という銘柄は昭和26年(1951年)に、当時二戸税務署長を勤めておられた故伊藤正署長と弊社の前会長の故久慈秀雄が、全国的に精米歩合も低く雑味の多い甘い酒が主流の中で、「綺麗で美しい酒を造りたい」という思いと、岩手県二戸市は昔から南部の国と称し呼ばれており、素晴らしい自然、風土と豊富な水の恩恵に恵まれた土地で、このことから地名の南部と綺麗で美しい酒質イメージから「南部美人」と命名しました。

南部美人の商品群は長期熟成酒に向けた商品でお燗酒はもちろん、ロック、ストレート、フルーツ、アイス、などポテンシャルがあるお酒です。
今後も継続的にこれらのお酒はじめ長期熟成に向いたお酒や、飲み頃を引っ張る燗酒向けの商品を製造、開発していくそうです。